石井工務店株式会社

人に寄り添い、まちを見つめて
建物に新たな価値をもたらす技術
石井工務店のリノベーション

石井工務店がある上田市周辺は、築後数十年を経た建物が多く残る土地です。けれど近年は、住む人が絶えて空き家になったり、価値がないからと取り壊される建物も少なくありません。

例えば古い木の家だったら、現代のプロダクティブな住宅にはない、ていねいな職人仕事が施され、住み手の思いや歴史も詰まっています。先人からの木組みの技術を磨き、受け継ぐ者として、こうした家に必要に応じて構造や間取りの補修や改築、耐震・断熱改修を施し、設備機器を一新する「リフォーム」にとどまらず、建物に新たな命を吹き込む「リノベーション」に力を入れています。

伝統の技術があるからこそ、歳月を重ねた建物に新たな価値を見出し、住まう人と街の未来につながる使い方を提案したいのです。


石井工務店では、どこもかしこもピカピカにしてしまうのではなく、建物が刻んできた歳月に思いを馳せながら、今の時代や住み手に心地よくフィットする“暮らしの空間”をつくることを大切にしています。例えば、築後40年経った2階建ての中古住宅を、若いご夫婦が暮らすコンパクトで身の丈にあった平屋に改築したり。今あるもの(部材・間取り・立地・景観・地域とのつながりなど)を再構築することで、新築以上にクリエイティブな家づくりができることも多々あるのです。

私たちのリノベーションの様子は、「新しいリノベーションの物語」で詳しくご紹介しています。ぜひご覧ください。